本文へスキップ

知的・発達障がい、発達が心配な子どもと保護者支援事業団体

笑顔とホッとするひと時を共に

お問い合わせ

ムーブメント教育・療法movement

「からだ・あたま・こころ」の発達支援

 ムーブメント教育療法とは、1970年代にアメリカのマリアンヌ・フロスティッグ博士(フロスティッグ視知覚発達検査など)が提唱した知覚・運動学理論です。
日本には、1980年頃に小林芳文博士(横浜国立大学・和光大学名誉教授名誉教教授)によって伝わり、教育、福祉、医療の様々な現場で広がってきました。
 ムーブメント教育・療法は、訓練ではなく遊びを原点とし、音楽や様々な道具を使いながら五感を刺激する発達支援法です。子供の自主性を育みながら「からだ (動くこと)」と「あたま (考えること)」と「こころ (感じること)」の統合的な発達をめざします。

【大切にしていること】
 ムーブメント教育・療法では、一人一人のペースを大切に「〜させる」より「〜したい」の子どもの自発的な活動を大切にし、スモールステップで「成功体験」を積み自己肯定感を高め、自信をもって取り組めるように支援します。
子どもたちが周囲から歓迎されていることを感じ、「安心感」や「信頼感」を土台に意欲や自信をもって活動できる環境を作りを心がけ、参加する全ての人々の笑顔が広がる場をめざし、活動を行っていきます。

【ムーブメント教育の達成課題】
・感覚運動機能を向上
・身体意識を向上
・時間、空間その他因果関係の意識を向上
・心理的諸機能を向上


詳細はこちら 日本ムーブメント教育・療法協会

ムーブメント教育・療法「笑顔プロジェクト」

 Palasolでは、ムーブメント教育・療法の普及活動として「笑顔プロジェクト」を立上げ、活動をしていきます。
子育て施設や療育の現場でムーブメント教育・療法を実施し、子供たちとご家族、スタッフ皆の笑顔を広げる活動を行っていきます。ムーブメント教育・療法に興味がある方、私たちと一緒に支援をお手伝いして下さる方、ご連絡お待ちしております。

定期教室

 「笑顔プロジェクト」の一環として、ムーブメント教育・療法の「定期教室」を行います。
現在、計画中です。

    

発達障がい児母のための笑顔になるアロマセラピー
https://saison-soleil.com/